menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|ヘモバルトネラ症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sick3


別名:猫伝染性貧血

ヘモバルトネラ症

【ヘモバルトネラ症の症状】
赤血球がもろくなり貧血を起こし、鼻の頭や歯ぐきが真っ白なり、運動で息切れや倒れたりなどの症状が出ます。
お腹は触ってみても分かるほど、脾臓が大きくなり、多くの場合は体の中にヘモバルトネラが潜んでおり、健康であれば問題はないのですが、ストレスがかかったり、猫白血病ウイルスや猫免疫不全ウイルスなどのウイルスはが感染すると急に貧血を起こします。

【ヘモバルトネラ症の原因】
別名を猫伝染性貧血といい、ヘモバルトネラフェリネスという細胞大の小さな病原体が赤血球に寄生し、その赤血球が体内で破壊され貧血を起こします。ノミなどの吸血性の虫によって伝染すると考えられ、外出する猫は症状が無くてもこの病原体を持っていることが多いようです。

【ヘモバルトネラ症の治療法】
抗生物質でヘモバルトネラを退治すれば貧血は治りますが、免疫力が低下するウイルス感染が細菌感染、その他のストレスがある場合は治療効果がはっきりしません。輸血という方法も一理あります。

関連記事

  1. cat10

    猫の病気|肺水腫と胸腺型リンパ腫

  2. neko1006

    猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」…

  3. Angry-Cat-Fight

    猫の病気|皮ふ糸状菌症と潰瘍蜂窩織炎

  4. cat-obesity

    猫の病気|甲状腺機能亢進症と副腎皮ふ機能亢進症

  5. cat19

    猫の病気|感染症による神経異常

  6. cat-eyes-wallpaper

    猫の病気|瞬膜の露出

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る