menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|貧血

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sick_cat_swine_flu

原因を究明する第一歩

貧血

【貧血の症状】
酸素供給のやっく割を果たす赤血球が低下するため、失神、皮ふ、粘膜の紫斑、脾腫、黄疸などの症状が出て、鼻や舌や唇、歯ぐきなどの粘膜が白っぽくなります。
起きていてもフラフラして立っていられなくなり、呼吸も早くなります。

【貧血の原因】
貧血は本来、病気の診断名ではありません。
粘膜が白い、運動すると疲れやすいなどの症状、赤血球や血色素濃度、血液中赤血球の容積のどれかかそのすべてが低下している状態です。
原因としては
猫白血病ウイルス猫免疫不全ウイルスに感染している。
・赤血球の生産が低下している。
・赤血球が破壊される溶血が起きている。
・重度の出血などがあります。
赤血球の生産が低下しているために起こる貧血には、口内炎などの慢性の病気によるものや、慢性腎不全によるもの、少量ずつ出血が起きたために鉄分が欠乏するものがあります。
貧血の度合いが激しくなった場合の原因は白血病などの腫瘍細胞が骨髄を占領しているか、赤血球を作る細胞がなくなってしまったか、あるいは赤血球が途中で成熟をやめてしまったなどが考えられます。

【貧血の治療法】
貧血はあらゆる病気に伴っておこるので、まずは原因を究明するのが治療の手がかりになります。
血液検査やウイルス感染症の検査はもちろん、ときには骨髄検査なども行い原因を探します。

関連記事

  1. Angry-Cat

    猫の病気|猫ひっかき病

  2. sick3

    猫の病気|ヘモバルトネラ症

  3. cat14

    猫の病気|肥満とイエローファット

  4. cat17

    猫の病気|尿道閉塞と腎炎

  5. Sign

    猫のしくみ|猫の危険信号を見抜いて!

  6. Down

    猫の病気|健康管理のチェックポイント!

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る