menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|猫免疫不全ウイルス感染症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sickcat

通称:猫のエイズ

猫免疫不全ウイルス感染症

【猫免疫不全ウイルス感染症の症状】
感染から約1ヶ月で抗体検査結果が陽性となり、感染初期の軽い症状として、発熱、下痢、リンパ節の腫れなどがみられます。
急性期は1ヶ月から数ヶ月続くことがあります。その後は無症状の時期が数年にわたって続きます。無症状のまま寿命を迎える猫もあります。
その後、全身のリンパ節が再度腫れだし、口内炎、鼻炎、皮膚炎、腸炎がみられるようになります。
この時期はリンパ節や免疫機構の破壊が徐々に進み、免疫機構の指標となるCD4陽性リンパ球数も減少します。この時期の症状で最も多いのは口内炎です。
通常は5歳以降にみられる末期のエイズ期では、次第に痩せ方が激しくなり、貧血も進み、免疫不全の現れである悪性腫瘍や、さまざまな感染がみられます。
その後、CD4陽性細胞数は低い値になり、感染症や腫瘍に対する治療にも反応がなくなり、エイズ発症から数ヶ月以内には死亡します。

【猫免疫不全ウイルス感染症の原因】
ウイルスによって起こる免疫不全症で、さまざまな慢性疾患を伴う病気です。
猫免疫不全ウイルスは人間のエイズウイルスと同類のウイルスですが、猫特有のウイルスで猫以外には感染しません。
屋外でのケンカによる咬み傷などから観戦することが多いと言えます。
ウイルスは比較的弱いもので、アルコール、洗剤などで容易に死滅します。

【猫免疫不全ウイルス感染症の予防法】
猫免疫不全ウイルス感染症に対するワクチンはありません。
予防としてもっとも良いものは、猫を屋外に出さないこと、屋外から猫を家庭に入れる場合は必ず検査を行って下さい。
抗体検査は動物病院で受けられます。
もし感染した場合はストレスを与えなければ寿命を延ばすことが可能です。

関連記事

  1. ear

    猫の病気|耳血腫と耳垢腺腫瘍

  2. black-and-white-cat-with-blue-eyes_2

    猫の病気|緑内障と白内障

  3. nose

    猫の病気|猫ウイルス性鼻気管炎

  4. a1640_000112

    猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高く…

  5. touch

    猫の病気|体のチェックポイント!

  6. cat2

    猫の病気|猫白血病ウイルス感染症

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る