menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
neko1013

ネコのウイルス病として恐れられている伝染病があります。猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症、猫白血病ウイルス感染症、そして猫エイズウイルス感染症です。これらの病気を併発し、死に至ることもあります。

しかし、ワクチンが開発され、予防することができる病気もあります。飼い主として、恐ろしい伝染病からネコを守ってあげるために、必ずワクチンを接種するようにしましょう。

どんな伝染病?

01.猫ウイルス性鼻気管炎
ヘルペスウイルスが病原体で、「ネコの鼻カゼ」と呼ばれるものです。鼻水やクシャミ、ひどい目やに、40度以上の熱が出て、食欲がなくなり、下痢や脱水症状を起こし、放っておくと肺炎を引き起こして、死に至ることもあります。

02.猫カリシウイルス感染症
このウイルスの症状は、猫ウイルス性鼻気管炎にとてもよく似ていて、鼻水やクシャミ、発熱などの症状が現れます。症状が進むと、舌や口のまわりに潰瘍ができるのが特徴で、二次感染が起きると肺炎を併発し、死亡することもあります。

03.猫汎白血球減少症
白血球が極端に少なくなる病気で、パルボウイルスが病原体です。感染すると、高熱、嘔吐、下痢などの症状が現れ、のどがマヒして水が飲めなくなることもあります。感染ネコのウンチや体液から感染したり、ママネコから赤ちゃんネコに感染することもあります。死亡率がとても高くて恐ろしい病気です。

04.ネコ白血病ウイルス感染症
ネコに腫瘍を起こすウイルスで、リンパ肉腫のおもな原因だといわれています。ネコ同士のケンカや交尾によって感染したり、ママネコから感染すると、免疫不全に陥り、さまざまな二次感染にかかりやすくなります。

05.猫エイズウイルス感染症
正しくは、猫免疫不全ウイルス感染症(FIV感染症)といいます。猫免疫不全ウイルスをもつネコの唾液などが、ケンカなどによるかみ傷から感染します。初期段階では無症状ですが、病気やケガが治りにくくなったり、下痢や口内炎、鼻炎などの症状が現れます。この病気は現在のところ、ワクチンもウイルスを殺す薬もありません。

いつワクチンを接種するの?

現在、01〜03を予防するための3種混合ワクチンと、04を予防するためのネコ白血病予防ワクチンがあります。さらに、01~04を予防できる4種混合ワクチンも開発されました。

ワクチン接種の時期は、その地域によって、多少ちがってきます。獣医師に相談して、接種する時期を確認しましょう。だいたい、生後2ヵ月ぐらいで最初の混合ワクチンを、3ヵ月目で2回目の混合ワクチンを追加接種すると、その後は毎年1回、受けるようになります。

関連記事

  1. cat frog

    猫の病気|条虫とマンソン禿頭条虫

  2. ditto-cats1

    猫の病気|カンジダ症と肥満細胞腫

  3. cat27

    猫の病気|乳腺がんと扁平上皮がん

  4. cat14

    猫の病気|肥満とイエローファット

  5. Cat-and-Fish

    猫の病気|ビタミンD過剰症とビタミンA過剰症

  6. cat12

    猫の病気|中毒性胃腸障害

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る