menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
neko02

猫の泌尿器系治療薬最安値検索
猫の治療薬名か薬名で検索すると一覧表示されます!


猫の泌尿器系の病気の症状・原因と治療方とは

泌尿器 尿石症

原因・症状
尿石症は膀胱の中に結晶や結石ができる病気で、いくつかの要因が重なって起こります。かかりやすいのは、水をあまり飲まない猫、マグネシウムが調節されていない質の悪いドライフードを食べている猫、細菌に感染した猫で、本来酸性であるはずの尿がアルカリ性に傾きストルバイトという結石ができやすくなります。

特に冬に多くみられ、雄猫は尿道は狭く、尿結石がつまりやすいので注意が必要です。運動不足やストレスも結晶や結石の原因になります。何度もトイレに行く、トイレにいる時間が長く、尿が出た形跡がない、排尿時に痛みを伴っている場合は要注意です。

症状は多くの場合、尿に砂のような物が混じって濁る程度で、よく観察しないと発見しにくのが特徴です。膀胱に結晶や結石があると膀胱炎になり、血尿や頻尿などの症状が出ます。結晶や結石が尿道に移動すると尿道閉塞の原因にもなり大変危険です。3日尿が出ないと、急性腎不全により死亡する危険が高くなります。

治療
尿道カテーテルなどによりつまった尿道を開通させ、排尿させます。繰り返すと腎機能が徐々に破壊されてしまいます。雄は時として、陰茎部に尿道を造る外科手術が必要な場合もあります。日頃から尿検査を受けておきましょう。

結晶のタイプに応じた療法食を与えます。尿の量を多くするために水をたくさん飲ませるのも効果的です。


泌尿器 慢性腎不全

原因
慢性腎不全は、高齢の猫によくみられる病気で、腎臓が徐々に破壊されて、尿を作る能力が低下する病気です。腎臓の4分の3の組織が破壊されてしまった状態が慢性腎不全です。

腎臓の2つのうち1つがダメになったり、腎臓の50%が破壊されても症状が出ず、普通の生活を送っていることが多くみられます。まれに、1歳前後の若い猫でも慢性腎不全がみられることがあります。

しかし、その多くは生まれつき腎臓が異常であることが原因です。また若い猫でも、ウイルス疾患や腎盂腎炎などが慢性化しても起こります。

症状
多飲多尿で、脱水、赤血球が送られないために貧血がみられ体重が減少してきたら危険サインです。ほとんどの場合、腎臓は萎縮して、触ると小さくなっている場合が多い。腎臓がほとんど機能せず、いくら水を飲んでも、水分を体内に蓄積できず、タンパクやビタミンなどの栄養素が、多量の尿とともにほとんど出てしまうため、やせていきます。

また、毛のつやがなくなり、嘔吐、口の中に潰瘍ができる、口臭が尿の臭いを帯びてくるなどの症状が出始めたら、かなり進行している証拠です。そのときは全身がぐったりします。

慢性腎不全の状態にまで壊された腎臓は、2度と元に戻りません。症状が出ないで徐々に病気が進行しているときに、厳しい寒さやストレスにあうと、急に症状が悪化します。

予防・治療
慢性腎不全は、完治することはありませんが、早期発見で病気の進行を遅らせることは可能です。輸液療法で脱水や電解質のバランスを補正したり、腹膜透析をする時もあります。

もし、以前に尿石症や腎盂腎炎、尿道閉塞などを起こしていたら注意し、症状がなくても年に1回は健康診断を受けて、尿の比重や腎臓の状態をみるといいでしょう。尿比重を調べるのは、慢性腎不全の早期発見に最も効果的で、常時1.030より低い値が出るようであれば、病気が進行中だと考えます。

適切な食餌管理とストレスを与えない生活で、腎不全の進行を遅らせることは可能です。エネルギーを充分に補給し、良質のタンパク質を適量与えることがポイント。それには、動物病院にある腎不全用の療法食が簡単です。


泌尿器 急性腎不全

原因・症状
急性腎不全は、ウイルスや中毒、尿石症や尿路系の閉塞などにより、急速に腎機能が低下してしまう疾患で、尿が作られない、または、出すことができないため、老廃物が蓄積し、尿毒症をきたし、死に至る急性疾患です。

予防・治療
腎臓の機能を高めたり、点滴、利尿剤の投与などにより、腎機能が戻り、尿を作ることができるようになれば助かる可能性があります。便が数日出なくても、さほど問題にならない場合が多いが、尿は数日出なければ確実に死亡します。


泌尿器 尿道閉塞

原因
尿道閉塞は尿石症で結晶が尿中にできるか、尿路に感染が起きるために尿道がふさがってしまう病気です。

症状
雄猫に起こりやすく、最初は頻繁にトイレへ行って尿をしたがる動作をしますが、尿が出なかったり尿に血が混じることがあります。

状態が悪化すると、尿がまったく出なくなり、元気や食欲もなくなってぐったりし、嘔吐などの症状が出ます。このとき下腹部を触ると、膀胱がパンパンに腫れていることがわかります。

このような状態になると、猫も相当苦しむので早期発見で手当てをすることが大切です。これは急性腎不全の一種で、放っておくと腎臓が壊れて慢性腎不全になるので要注意です。

予防・治療
尿結石用の療法食を与え水を飲ませて予防。詰まったものを移動させたり削除する治療がおこなわれます。


泌尿器 腎炎

原因・症状
腎炎とはさまざまな理由で、腎臓そのものが炎症をきたす疾患です。経過時期により、慢性と急性に分けられ、部位によって腎盂自腎炎、間質性腎炎、糸球体腎炎と分類されます。

予防・治療
治療では、長期にわたって抗生物質を投与します。膀胱炎から引き続いて起こる病気なので、膀胱炎を発見したら、ただちに病気を治すことです。


ペット治療薬を考えている方はこちら

関連記事

  1. neko

    猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?

  2. Cat_Collar

    猫の病気|アトピーとノミ取り首輪皮膚炎

  3. Cats_drinking

    猫の病気|クリプトコッカス症

  4. cat-obesity

    猫の病気|甲状腺機能亢進症と副腎皮ふ機能亢進症

  5. a1640_000112

    猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高く…

  6. cat-fish-

    猫の病気|チアミン欠乏症と中心性網膜萎縮

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る