menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫のしくみ|猫社会の鉄則!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ruehl

猫にとっては基本的なこと
人間なら見ると、自由気ままに生きている用に見える猫ですが、猫社会と呼ばれるルールがあるんです。
かつては猫は縄張りの中の獲物を狩って生活をしていました。他の猫と一緒に暮らすと、獲物が不足してしまい、命の危険につながります。野生の猫は単独で生活しています。子猫の時代は母親と暮らしますが、成長すると母親の縄張りから追い出されてしまうんです。
仲間と積極的にコミュニケーションをとる必要がないので、お互い出会わないようにすること、無用な争いを起こさないことが基本となります。それぞれの縄張りを尊重することが大切なので、マーキングやツメとぎで痕跡を残して、縄張りが重なっている場所では、歩く時間をずらしたりしているようです。


猫同士が出会ってしまった場合は、お互いに気づかないふりをして、ポーカーフェイスでやりすごすのが猫社会のルールです。獲物や縄張りを争ってケンカをすることはありません。ケンカは体力を消耗して、ケガをすることはありません。ケンカは体力を消耗し、ケガをする危険があるため、無用な争いはなるべく避けようとする危険があるため、無用な争いはなるべく避けようとするんです。例えば、お気に入りの場所に、自分より弱い猫がいたとしても、その猫がいなくなるまで待ったり、あきらめて帰ったりします。
狭い場所で出会ってしまい、避ける余裕がない場合など、ケンカに発展することもあります。猫の喧嘩はまず毛を逆立てて声を出して威嚇します。これで一方が逃げ出せば一件落着です。それでも両者が引かない場合は、引っ掻きあいや噛み付き合いに発展してしまいますが、一方がうずくまって戦意を喪失してしまったら終了になり、買った猫はそれ以上攻撃することはありません。一度ケンカをして優劣がはっきりすることと、両者が出会ったとしても、負けた猫が逃げてしまうので、何度もケンカを繰り返すことはありません。

猫社会のルール

1:なるべく会わない
他の猫に会わないように、通り道や行き先を変更します。
相手が通り過ぎるのを待ったりすることもあります。

2:目を合わせない
万が一、出会ってしまったら、目をあ合わせないのが基本です。
しかし、視界の端では様子を伺っています。

3:近づき過ぎない
猫にはそれぞれ近寄ってほしくない距離があります。
気になる相手がいても近づかず、微妙な距離を保ったまま座っています。

4:知らんぷりで去る
出会ってしまったら、自分の来た方向へ戻ります。
相手のいる方へ行きたい場合、ゆっくりと相手の横を通り過ぎます。

関連記事

  1. teeth

    猫のしくみ|猫にもはみがきを

  2. Animals___Cats_A_small_black_cat_hunting_in_autumn_044895_

    猫のきもち|Let’s Pray!1

  3. 猫と人

    猫のしくみ|体の秘密

  4. 猫した

    猫のしくみ|猫の舌は意外と万能?

  5. Stretching-cat

    猫のしくみ|眠りの秘密

  6. brushingcat

    猫のしつけ|ブラッシングの極意1

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る