menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫のしくみ|眠りの秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Stretching-cat

狩りに備えて
猫は他の動物に比べて、睡眠を多く取ると言われています。
例えば、象は1日3時間、チンパジーは約9時間なのに対して猫は14時間眠ります。草食動物はエサを大量に食べなければならないため、寝ている暇がないんです。しかし、肉食動物は、エネルギー量の高い肉を食べるため、食事に時間はかかりません。
余った時間は、体を休める時間になるんです。
動物は、食事などの必要な時間以外は、眠くなるようにできています。むやみに歩き回れば、危険な目に合う可能性が高いからです。人間に飼われている猫は、狩りの時間が必要ないため、14時間以上、場合によっては20時間眠る猫もいます。
狩猟生活をするネコ科の動物は、獲物が動き出す明け方と、巣に帰る夕方が狩りの時間になり、それ以外は眠って体を休めて、次の狩りに備えます。人間に飼われるようになった猫が昼間寝ているのは、まだこの習性が残っているからということなんです。


猫は、なにか起こった場合にすぐに対応できる浅い眠り(レム睡眠)と熟睡状態の深い眠り(ノンレム睡眠)を交互に繰り返します。この睡眠リズムは人間と同じです。浅い眠りのときは、体だけが眠って脳は起きている状態です。足やヒゲ、眼球がピクピク動くことがあり、夢を見ているという説もあります。そのあと深い眠りに入るんですが、10分にも満たない短い時間で、再び浅い眠りに戻ります。
人間も寝起きにストレッチをすることがありますが、猫は必ず寝起きのおきまりのストレッチを行います。
眠った体を起こし、次の狩りができるようにするためだといわれています。

猫のおきまりのストレッチ

1:あくび(アゴのストレッチも兼ねて行います)

2:背中のストレッチ(前足を前に出し、肩を沈めます)

3:手足のストレッチ(この姿勢のあと、後ろ足を後方に伸ばします。)

4:毛づくろい(最後の仕上げはグルーミングです。)

関連記事

  1. Animals___Cats_A_small_black_cat_hunting_in_autumn_044895_

    猫のきもち|Let’s Pray!1

  2. brushingcat

    猫のしつけ|ブラッシングの極意1

  3. mg_2446

    猫のしくみ|体の秘密

  4. 猫と人

    猫のしくみ|体の秘密

  5. ruehl

    猫のしくみ|猫社会の鉄則!

  6. teeth

    猫のしくみ|猫にもはみがきを

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る