menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫のしつけ|キャリーバックの環境

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cat-carrier-bag

お出かけに必須になる物
通院のため、旅行に行くため、乗り物に乗せなくては行けない時と突然キャリーバックに入れられた猫は、不安でパニックを起こしてしまうかもしれません。そんなことにならないように、できれば子猫から訓練を始めましょう。室内猫飼いの猫が家という縄張りから出るのは、とても不安なことなんです。パニックによる脱走を防ぐためにも、キャリーバックに入れて、更にリードをつけておくと安心です。
まず、キャリーバックは日頃から部屋の隅などに置いておき、寝床として使えるようにしておいてあげて下さい。
自分のにおいがついていれば、猫も安心します。また、リードも、子猫のうちから慣れさせておくと理想的です。リードを付けて歩く習慣を付けましょう。外歩きが出来そうなら、人通りが少ない時間に試してみるのもいいかもしれません。ただし、万が一の説走に備えて、迷子札はかならずつけておいてください。


猫を旅行などに連れて行くときは、健康状態への配慮も忘れないで下さい。出発前にかかりつけの動物病院で健康診断を受ける事をオススメします。また、猫はあまり乗り物に酔いませんが、初めて乗り物に乗せるときや消火器が弱い猫には、酔い止めの薬を貰っておくと安心です。車に乗せる4〜5時間前から、食事は与えないようにしましょう。
移動に電車やバスなどの公共機関の乗り物を使う場合、ラッシュ時は避けるのがマナーです。キャリーバックは膝の上に乗せ、猫が鳴いてもあまり声をかけず、落ち着くまで待ちます。もし、犬のようにハアハアと呼吸していたら、興奮しすぎて体温が上がっています。安静を保ち、濡れタオルなどで体を冷やしましょう。車での移動なら、運転中は窓を閉め、猫はキャリーバックにいれるか、同乗者に抱いてもらいます。その際、同乗者は後部座席に座り、運転席には猫を近づけないようにして下さい。

・バッグの口はしっかり閉まるものを選ぶ!
・内側を触って当たるところがないか確認!
・金具が緩んだり、ヒビが入ったりしていないか確認!
・臆病なら外が見えないものを選びましょう!

関連記事

  1. cateating_bowl

    猫のしつけ|猫にあわせた食事

  2. catbrushing

    猫のしつけ|ブラッシングの極意2

  3. キャットタワー

    猫のしつけ|禁止場所に乗せない工夫

  4. brushingcat

    猫のしつけ|ブラッシングの極意1

  5. pray

    猫のしつけ|減量するその前に!

  6. homemade-cat-food

    猫のしつけ|猫にとって危険な食べ物

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る