menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫のしくみ|体の秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
猫と人

猫社会の真実

単独生活をする猫ですが、寂しくなることはありません。まず「寂しい」という感情がありません。
一見、寂しそうに見えても、それは思い込みでしかありません。ともに暮らした仲間をずっと覚えているのは、群れを作り、なおかつ知能の高い動物だけです。猫は兄弟のことを1ヶ月くらいなら覚えています。1~2年もたつとすっかり忘れてしまいます。
久しぶりに再会したとしても、お互いに敵だと思って、ケンカになることすらもあります。「ひとりでさびしい」と思うのは、あくまでも人間の感覚だけであって「さびしい」と感じてしまうなら、単独生活はできないでしょう。
ただし、人間に飼われている猫は、子猫の気分が抜けないために、飼い主がいないときは、「さびしい」とおもうことがあるようです。
生まれた猫が周りの世界を認識できるようになるのは、嗅覚、聴覚、視覚が発達し始める生後3週間後くらいからと言われています。そこから生後9週目くらいの期間に経験したことや感じたことが、その後の生活の基礎となります。「自分は猫」という認識ができるのもこの時期で、母猫や兄弟といっしょい過ごした猫は、他の猫を自分と同じ動物であると認識します。この時期に、母猫や兄弟猫と離れ離れになり、1匹で育った猫は、ほかの猫を認識する機会がありません。成長したあとも、ほかの猫に関心が持てず、なかには「自分は飼い主と同じ人間」と思ってしまう猫もいます。その結果、ほかの猫とコミュニケーションもうまくできなくなってしまいます。
野性時代なら敵や獲物になるはずの動物も、この時期にいっしょに過ごせば、仲間と認識し、仲良くなることもあります。

関連記事

  1. Animals___Cats_A_small_black_cat_hunting_in_autumn_044895_

    猫のきもち|Let’s Pray!1

  2. マッサージ2

    ツボを刺激!猫ツボマッサージ1

  3. 猫した

    猫のしくみ|猫の舌は意外と万能?

  4. Stretching-cat

    猫のしくみ|眠りの秘密

  5. mg_2446

    猫のしくみ|体の秘密

  6. ruehl

    猫のしくみ|猫社会の鉄則!

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る