menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

清潔に保って皮膚病予防!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shampoo2

定期的にシャンプーをしよう
猫の毛は犬と違ってあまり水を弾きません。そのせいか、たいていの猫は水にぬれるのが大嫌いです。
体についた脂分はセルフグルーミングやブラッシングだけでは落としきれません。とくに、長毛の猫はグルーミングが行き届か無いことも多く、毛の美しさを維持するためためだけではなく、皮ふの状態を清潔に保つために、ときにはシャンプーをしてあげましょう。
また、外にでる猫は、ノミなどをとってくることもあるので、定期的に洗ったほうがいいでしょう。
シャンプーは猫専用のものを使います。頻度は、長毛種や外出自由の猫なら月に1〜2回程度が目安です。室内飼いの短毛種なら、抜け毛が激しい換毛期のみで充分です。あまり頻繁に洗いすぎると、皮脂を取り過ぎてしまい、フケなどの皮膚トラブルを起こす原因にもなるので、気をつけて下さい。
シャンプーは、慣れていても猫に相当な負担をかけます。体調が思わしくないときや妊娠中のシャンプーは禁物です。また、シャンプーの最中に興奮しすぎて具合が悪くなる猫もいるので、無理には絶対にしないで下さい。できれば、生後2~3ヶ月ぐらいから少しずつ湯に慣らしていくと良いです。
どうしてもシャンプーをさせてくれない猫もいます。病気の時は汚れが気になっていてもシャンプーは出来ません。
そんなときは、ぬるま湯で濡らして固く絞ったタオルで体をふくタオルウォッシュがおすすめです。この方法なら体を濡らさないので、猫に負担がかかりません。地肌まで届くように、被毛をかき分け、揉み込むようなイメージでふいていきましょう。
タオルが毛だらけになってしまったら、すすいでからもう一度ふきます。おしりのまわりの毛に排泄物がつきやすい長毛種なら、その部分の毛を短くカットしておくのもオススメです。


猫のためにも手早く済ませましょう
必ず行っておきたいのが、シャンプー前のブラッシングです。
抜け毛はシャンプーでも洗い流せますが、事前にブラッシングで落としておくとムダがありません。とくに長毛種の抜け毛は毛玉の原因にもなるので、念入りに落としておきましょう。また、お互いケガをしたりさせたりしないように、飼い主も事前に爪を切りをしておきましょう。
シャンプーに慣れていない猫の場合は、逃げ出す心配がないお風呂で洗うのがオススメです。シャワーを使う場合は、お湯で勢い良く出すと猫が驚くので、水圧を低くしておきます。濡れても構わない服装で、猫と水遊びをする感覚で望みましょう。
元気な猫でも想像以上に疲れるシャンプーは、使う用具をそろえて手順をしっかり頭に入れて、短時間で終わらせるのがコツです。終わったら、自由に水を飲めるようにして、静かに休ませてあげましょう。


シャンプーの手順

1:被毛の内側まで水分を含ませる
シャワーノズルを猫の体につけ、毛並みに沿ってお湯をかけます。
毛並みと逆方向にもかけて、被毛の根元まで充分に濡らします。

2:シャンプーを泡立てて、体から洗う
首から後ろに向かってシャンプーをかけて、指先ですばやく泡立てます。
指の腹でマッサージする要領で、体から洗います。

3:おしりとシッポは念入りに
分泌物で汚れやすいおしりやシッポは丁寧に洗いましょう。
肛門の脇に親指と人差し指を当てて、分泌物を絞っておきましょう。

4:顔はなでるようにやさしく
敏感な顔周りはシャンプーを直接つけず
ほかのところで泡だったシャンプーを指につけて、なでるように洗います。

5:すすぎは顔からスタート
目や耳に入らないように注意しながら、顔のまわりからすすいでいきます。
泡が残らな言うように隅々までしっかりと洗いましょう。

6:ドライヤーですばやく乾かす
温風が毛の根元まで届くように、毛を逆立てて、すばやく乾かします。
温風を1ヶ所に当て続けないように注意しましょう。

関連記事

  1. Sign

    猫のしくみ|猫の危険信号を見抜いて!

  2. touch

    猫の病気|体のチェックポイント!

  3. マッサージ2

    ツボを刺激!猫ツボマッサージ1

  4. teeth

    猫のしくみ|猫にもはみがきを

  5. cutting-cat-nails

    お互いのためにもツメ切りを

  6. catbrushing

    猫のしつけ|ブラッシングの極意2

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る