menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫のきもち|声で聞き分ける猫の気持ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cat-talking

猫同士で使う声は2つだけ

恐怖や怒りを感じた時に出す「フーッ」や「シャーッ」という威嚇の声や
発情期に恋の相手を誘うときの「ニャオ〜ン」というダミ声は、飼っていない人でも聞いたことはあるはず。
一般的には、猫の鳴き声は16種類以上あるといわれていますが、猫同士の場合、それらのバリエーションは基本的に
「危険」を知らせる声、「安全・安心」を知らせる声の2種類に分けられます。
屋外でほかの猫に出会った時のうなり声は「近づくな!」という「危険」のサイン。
親猫が子猫を呼ぶときの鳴き声は「大丈夫だから出ておいで」という「安全・安心」のサインです。
この2つの声で、猫同士の会話は充分成り立つんです。


飼い猫は声を使い分けている!?

飼い猫が鳴くときは飼い主に何かを訴えていることが多く、要求の内容によって鳴き声を使い分けているようです。
甘えるように「ニャーニャー」と甲高い声で鳴くときは何かのおねだりです。お腹が減っていて食事を要求するときは、さらにはっきりとした声で「ニャーオ」と繰り返しなく猫が多いです。
満足している時にノドをゴロゴロ鳴らすのも、鳴き声の1つといえます。
また、長く人間に飼われているうちに、人間とのコミュニケーション方法を学習して、本来は使わないような鳴き方を覚える猫も居ます。
「おはよう〜」や「ごは〜ん」など、人間の言葉のように聞こえる鳴き声を出す猫は、過去にたまたまいつもと違う泣き方をした時に、飼い主さんがかわいがってくれたりご飯をくれたりしたため、その後も甘えたい時やおなかがすいた時と同じように鳴いてみせていると言われています。

どんな状況にその鳴き声を発して、何をしてあげたら満足したのか、「ドアを開けた」「水をやった」など、内容をメモして鳴き声の記録をつけてみるのも面白いかもしれません。

関連記事

  1. cat-spraying-3

    猫のきもち|猫が体を擦り付けるナゾ

  2. neko1006

    猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ

  3. シッポ

    猫のきもち|シッポと感情は連動している

  4. tail

    猫のきもち|猫のシッポは心と連動する

  5. 怒恐チェック

    猫のきもち|目と耳をよ〜く見てみよう

  6. Animals___Cats_A_small_black_cat_hunting_in_autumn_044895_

    猫のきもち|Let’s Pray!1

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る