menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|体のチェックポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
touch

日々の我が子の健康をチェック

【目】

外的な傷を負う機会はあまり無いですが、鼻炎の症状が
目にも出てきますので注意しましょう。

【口】

あくびをした時がチャンスです。
特に口内炎がないかよ〜く観察しましょう。
最近では、歯周病や口内炎が多くなっています。
口が赤い、臭い、歯が足りない、痛がる、よだれを垂らすなどの症状がある場合は、赤信号。
猫エイズや白血病ウイルスに感染しているとひどくなるので要注意です。

【耳】

耳の疾患は比較的少ないですが、アレルギーが出やすいので注意しましょう。
アレルギーは他の部位にも症状が出るので、総合的に判断しましょう。

【鼻】

鼻汁、分泌物がないかどうかチェックしましょう。
もし、あれば猫伝染性鼻気管炎の可能性があります。

【ツメ】

高齢になるとツメとぎをしなくなるので、先端をチェックしてあげましょう。
病気やケガで動けない子は、ツメが伸びすぎて、パッドに突き刺さってしまうことも。

【毛並み】

毛並み、毛艶が悪い時は、自分で毛づくろいができていない証拠です。
何らかの病気にかかっている可能性があります。
毛が長いの猫は毛玉をこまめにチェックしたり、ブラッシングしてあげましょう。

【腰】

尿道が詰まって居るときは腰を触られることを極端に嫌がります。
シッポを触ると痛がったり、骨盤、腰のあたりを痛がる場合は、腰椎の病気かもしれません。

【顔】

雄は初病気のほかの猫とよくケンカをするので、傷の具合をチェックしましょう。
触った時に痛がったりしたら、化膿していることが多いです。
猫白血病や猫エイズもケンカから感染することが多いです。

【肛門】

“肛門のう”と呼ばれるホクロのようなものがありますが、それがただれてきていたら
肛門のうが破裂しているといえます。
やたらと肛門を舐めていたら要チェックです。

【足の裏】

アトピーなどの症状が出てくることが少ないので、外を出歩く猫の場合
夏場の車のボンネットなどでヤケドをすることがあります。
よく舐めていたら注意です。

関連記事

  1. マッサージ2

    ツボを刺激!猫ツボマッサージ1

  2. Angry-Cat

    猫の病気|猫ひっかき病

  3. ditto-cats1

    猫の病気|カンジダ症と肥満細胞腫

  4. cat8

    猫の病気|乳び胸と血胸

  5. neko

    猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?

  6. cat-drinking-water

    猫の病気|胃と腸の閉塞と細菌性腸炎

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る