menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|猫ひっかき病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Angry-Cat

もしも引っ掻かれたらすぐに消毒を

猫ひっかき病

【猫ひっかき病の症状】
猫に引っ掻かれて細菌感染が起こり、人間のいくつかの症状が出る場合があります。人間いくつかの症状がでる場合があります。その原因となる菌が最近になってやっと分かりました。多くの場合や、迷い猫や子猫から感染する例が多いようです。
引っ掻き傷や噛み傷を受けてから、3〜14日に症状があらわれてきます。接触そた部分や傷に小さな丘疹ができ、その近くのリンパ節が痛みを伴って腫れてきます。数週間から数ヶ月間も続くことがあり、膿がたまったり全身症状として発熱や倦怠感、食欲不振などがみられることがあります。
まれに感染が全身に広がることもありますが、通常は治療なしで自然に消えていきます。
これらの症状では感染症や腫瘍を含め他の原因はいろいろ考えられるので、診察をきちんと受けることを進めます。
猫ひっかき病という名にも関わらず、猫自身にはなにも病気が起こらないことから、短期間病原体を持っているだけではないかと考えられています。
万が一、家族の中で発症した者がいて猫が感染源と考えられた場合、数週間猫を隔離しておけば菌はなくなります。 病気が発症したとしても、猫を処分するようなことはしないで下さい。

【猫ひっかき病の治療法】
猫に引っ掻かれたり噛まれたりしないように注意したり、傷のある手で触らなければ問題はありません。
また、傷は水だけではなく消毒液で消毒するようにしましょう。

関連記事

  1. acne

    猫の病気|好酸球性肉芽腫群とアクネ

  2. sikc

    猫の病気|トキソプラズマ症

  3. ear

    猫の病気|耳血腫と耳垢腺腫瘍

  4. cat2

    猫の病気|猫白血病ウイルス感染症

  5. cat20

    猫の病気|角膜壊死と乾性角結膜炎

  6. cat-eyes-wallpaper

    猫の病気|瞬膜の露出

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る