menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|カンジダ症と肥満細胞腫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ditto-cats1

90%近くが悪性のがん

カンジダ症

【カンジダ症の症状】
皮ふや口の中の粘膜などに、カンジダというカビが感染することがあり、これをカンジダ症といいます。
ただこの菌は健康なときでも腸や生殖器に存在するので、感染が起こるとすれば、猫の免疫力が低下しているためでしょう。ひどい場合は感染が全身に広がります。
もっとも多いのは口の中にできるカンジダ症ですが、悪臭のする白い膿がでます。
また全身の皮ふや外耳、ツメなどに広がると水疱や発疹ができます。

【カンジダ症の治療法】
菌を検出したあと局所的な治療をおこないます。
しかし何よりもまず、全身の免疫状態を悪化させている原因を治療することが大切です。


肥満細胞腫

【肥満細胞腫の症状】
猫と犬にみられる特殊な腫瘍で、皮ふの中で肥満細胞が増殖し皮ふが盛り上がり、赤く腫れることもあります。
悪性も良性もどちらもあります。肥満細胞が脾臓にできたものが悪性で、嘔吐したり、ほかの臓器を圧迫して苦しみます。

【肥満細胞腫の治療法】
切除すれば再発は少ないようですが、切除できないほど腫瘍が大きくなったり、切除しても何回も再発することがあります。
脾臓に出来たものは切除しても全身に転移するケースが多く、皮ふに盛り上がりが見えたら、すぐにしんさつえお受けましょう。

関連記事

  1. Cat-and-Fish

    猫の病気|ビタミンD過剰症とビタミンA過剰症

  2. cat20

    猫の病気|角膜壊死と乾性角結膜炎

  3. cat17

    猫の病気|尿道閉塞と腎炎

  4. Cat_Pictures

    猫の病気|カンピロバクターとサルモネラ症

  5. teeth

    猫のしくみ|猫にもはみがきを

  6. sleep

    猫の病気|回虫

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る