menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|甲状腺機能亢進症と副腎皮ふ機能亢進症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cat-obesity

嘔吐や下痢、筋肉の衰弱も

甲状腺機能亢進症

【甲状腺機能亢進症の症状】
甲状腺の腫瘍や過形成により、甲状腺ホルモンが過剰に生産されるために起こる病気です。
とくに中高齢に多く、食欲があるのに体重が減少したり、多飲になる症状が現れます。嘔吐や下痢、筋肉の衰弱もみられます。
その一方で、動きが活発になって落ち着きがなくなります。脈拍や呼吸が早くなるのも特徴です。
外見では毛のツヤがなくなり、首を触ると大きくなった甲状腺できていることもわかります。

【甲状腺機能亢進症の治療法】
症状は他の疾患でもみられるため、まずは血液検査や腎臓、肝臓の状態をみる血液検査や腎臓、肝臓の状態をみる血液化学検査、尿検査などなどで他の疾患がないか見極め、最終的には甲状腺ホルモンの測定をおこない、確定診断をします。
外科手術で悪い部分を切除するか薬による治療を行うのが一般的です。


副腎皮ふ機能亢進症

【副腎皮ふ機能亢進症の症状】
別名クッシング症候群とも呼ばれ、ステロイドホルモンの過剰投与が原因の場合と、発育や生殖に関するホルモンを出す脳下垂体に問題があり、副腎から多量の副腎皮質ホルモンが出て起こる場合、あるいは副腎の腫瘍化の場合があります。
皮ふが薄くなり腹部が膨らんだり脱毛したりします。水を多量に飲んでやせていき、尿をよくするのも特徴です。薬による治療や、副腎自体に腫瘍ができている場合は切除手術をおこないます。猫は犬に比べると少ないです。

【副腎皮ふ機能亢進症の治療法】
別の疾病によってクッシング症候群が引き起こされている場合は、まずそれらの基礎疾患への治療が施されます。腫瘍が原因の場合は外科手術となりますが、手技が困難なためできないこともしばしばです。脳内の下垂体腫瘍に対しては放射線療法が行われることもあります。要全身麻酔をしなければなりません。
また、腫瘍を切除できない場合は、副腎皮質の働きを弱める薬剤が投与されます。一般的に、ひとたび投薬治療を始めると、一生涯、薬が必要となります。

関連記事

  1. sick3

    猫の病気|ヘモバルトネラ症

  2. cat9

    猫の病気|ぜんそくと細菌性肺炎

  3. sikc

    猫の病気|トキソプラズマ症

  4. cat14

    猫の病気|肥満とイエローファット

  5. neko1006

    猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」…

  6. neko02

    猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の…

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る