menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|角膜壊死と乾性角結膜炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cat20

ヒマラヤン、ペルシャに多く見られる症状

角膜壊死

【角膜壊死の症状】
角膜の表面に黒い壊死組織ができることがあります。
これが角膜壊死で、目には痛みがあり、まばたき、涙、瞬膜の露出などの症状が見られるのが特徴です。
壊死組織は、できるだけ早く手術して取り除く必要があります。それでも再発したり反対側の眼に発生することがあり厄介です。

【角膜壊死の治療法】
症状が軽い場合は、そのまま黒色部分が自然に脱落するのを待つこともあります。その場合には角膜の表面を保護するための点眼治療や感染症に対する内科的治療を行っていきます。進行して病変が深部まで至り、痛みを伴っている場合には、外科手術での切除を行います。その後は潰瘍や炎症を抑えるための点眼治療を行います。他の猫との接触を避けたり飼育環境を日頃から清潔に保ち、ストレスを軽減させておきましょう。


乾性角結膜炎

【乾性角結膜炎の原因】
別名、ドライアイといって、涙が出ないために、角膜や結膜が乾燥してしまう病気です。
涙が出なくなる原因としては、炎症、外傷、神経の異常などが考えられます。

【乾性角結膜炎の治療法】
神経異常の疑いがあれば神経を刺激する薬を試し、神経の伝達がうまくいっているかどうか調べます。
また炎症があれば、抗生物質で炎症を抑える治療を行います。

関連記事

  1. neko1013

    ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?

  2. ditto-cats1

    猫の病気|カンジダ症と肥満細胞腫

  3. cat10

    猫の病気|肺水腫と胸腺型リンパ腫

  4. cat-drinking-water

    猫の病気|胃と腸の閉塞と細菌性腸炎

  5. cat13

    猫の病気|猫鉤中とコクシジウム

  6. cat17

    猫の病気|尿道閉塞と腎炎

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る