menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|緑内障と白内障

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
black-and-white-cat-with-blue-eyes_2

猫の目に異常があれば獣医師の元へ

緑内障

【緑内障の症状】
眼圧が上がって眼球が大きくなる病気です。通常の目の中は一定の水量を保つために余分な水分は自然と排出されますが、それが出来なくなって水が溜まるために、眼圧が上がり、炎症や潰瘍、出血などが、二次的に起こります。

【緑内障の治療法】
失明することが多く、失明した目は牛眼と呼ばれて非常に大きくなるので、外見上の理由やとう痛のため摘出することが多いです。アメリカでは義眼が作られています。
緑内障は急激に進行するので、異常があればすぐに獣医師の診断を受けましょう。


白内障

【白内障の原因】
眼球内のタンパクがたまり、レンズが白く濁るのが特徴です。
犬の白内障は糖尿病に関係していることが多いですが、猫では糖尿病との関係はありません。
原因の多くは、レンズに傷がついたために炎症や出血が起こるというものです。

【白内障の治療法】
最近では、眼科専門医による白内障手術もおこなわれています。

関連記事

  1. Nail

    猫の病気|ニキビダニ症とツメダニ症

  2. cat_eye

    猫の病気|角膜炎と結膜炎

  3. Down

    猫の病気|健康管理のチェックポイント!

  4. cat17

    猫の病気|尿道閉塞と腎炎

  5. cat-fish-

    猫の病気|チアミン欠乏症と中心性網膜萎縮

  6. sleep

    猫の病気|回虫

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る