menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|角膜炎と結膜炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cat19

細菌やウイルスによる感染症が原因

角膜炎

【角膜炎の症状】
猫の角膜炎の中でよくあるのは表層角膜炎で、角膜の表面が冒される病気です。
細菌やウイルスによる感染症が原因で、特に猫ウイルス性鼻気管炎が代表的です。この時誤ってステロイド剤を使用すると病気が悪化し、角膜潰瘍という重い病気に発展することがあります。
また慢性の炎症がひどくなると、眼球の深部にも広がり重症になります。
角膜炎が慢性化したり角膜潰瘍に発展して炎症が酷くなると、角膜内に小さな血管があらわれたり、角膜が濁ることがあり、最悪の場合、失明の恐れもあります。

【角膜炎の治療法】
いずれにしても、角膜に薬を使用する際は、角膜に傷がつかないことを確かめてからでないと危険です。
人間の点眼薬は使わないで下さい。


流涙症

【結膜炎の原因】
猫には、結膜の炎症が比較的多くみられます。
症状としては、目やにが出てまばたきや涙も激しく瞬膜が露出して、ひどい場合には結膜が腫れ上がります。
原因は、猫ウイルス性鼻気管炎や、カリシウイルス感染症、クラミジアなどです。また、細菌の二次感染が起きると症状が長引き、病状が酷くなることもあります。
まれに植物や治療用の目薬、特異体質によるアレルギーが結膜炎の原因になることもありあます。

【結膜炎の治療法】
基本的には抗生物質の点眼薬を使います。
伝染性鼻気管炎が重症化すると、子猫は結膜が癒着してしまい、失明の恐れがあるため、眼科的処置が必要になる場合もあります。

関連記事

  1. Angry-Cat-Fight

    猫の病気|皮ふ糸状菌症と潰瘍蜂窩織炎

  2. neko1006

    猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」…

  3. cat3

    猫の病気|白血病

  4. cat16

    猫の病気|慢性腎不全と急性腎不全

  5. cat10

    猫の病気|肺水腫と胸腺型リンパ腫

  6. cat13

    猫の病気|猫鉤中とコクシジウム

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る