menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|角膜炎と結膜炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cat_eye

ペルシャ猫に多く見れる症状

角膜炎

【角膜炎の症状】
まぶたが内側にめり込んでしまう病気で、ペルシャ猫に多いのが特徴です。通常、まぶたは眼球の表面に密着していますが、眼球が小さくなったり、眼球を取り囲む骨に異常があると眼球が内側に引っ込み、まぶたも内側にめり込んでしまいます。するとまつ毛も内側に向かうため、眼球の表面の角膜が傷つき、潰瘍になる危険があります。
こうなるとまばたきの回数が頻繁になり、涙目になります。とくに下側のまぶたの耳に近い部分が内反しやすいのが特徴です。
また、角膜に潰瘍ができて、それが原因で眼瞼内反が起こることもあります。
猫伝染性鼻気管炎により結膜炎がひどくなってなる場合もあります。

【角膜炎の治療法】
手術によって治します。
角膜に潰瘍ができている場合は、まず潰瘍を治療します。


流涙症

【結膜炎の原因】
過剰に涙が出る病気です。
目に対する刺激に反応して涙が出るのではなく、細い涙管が詰まっているためにおきると考えられます。
その結果、目の下の被毛が茶色く変色します。涙管が詰まる原因には、先天性異常や炎症、腫瘍などがあります。
色素を使って鼻や口に通じている管の詰まりを調べ、炎症が原因なら、炎症を抑える治療をします。

【結膜炎の治療法】
基本的には抗生物質の点眼薬を使います。
伝染性鼻気管炎が重症化すると、子猫では結膜が癒着してしまい、失明の恐れがあるため、眼科的処置が必要になる場合もあります。

関連記事

  1. sick4

    猫の病気|フィラリア症とハインツ小体性溶血性貧血

  2. cat20

    猫の病気|角膜壊死と乾性角結膜炎

  3. Cat-and-Fish

    猫の病気|ビタミンD過剰症とビタミンA過剰症

  4. acne

    猫の病気|好酸球性肉芽腫群とアクネ

  5. neko0915

    ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせ…

  6. cat19

    猫の病気|角膜炎と結膜炎

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る