menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|尿道閉塞と腎炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cat17

猫の体重が減少してきたら危険サイン!

尿道閉塞

【尿道閉塞の症状】
雄猫に起こりやすく、最初は頻繁にトイレへ行って尿をしたがる動作をしますが、尿が出なかったり尿に血が混じっていることがあります。状態が悪化すると、尿が全く出なくなり、元気や食欲もなくなってぐったりし、嘔吐などの症状がでます。
このとき下腹部を触ると、膀胱がパンパンに腫れていることがわかります。
このような状態になると、猫も相当苦しむので早期発見で手当てすることが大切です。これは急性腎不全の一種で、放っておくと腎臓が壊れて慢性腎不全になるので要注意です。

【尿道閉塞の原因】
尿石症で結晶が尿中にできるか、尿路に感染が起きるために尿道が塞がってしまう病気です。

【尿道閉塞の治療法】
尿結石用の療法食を与えて水を飲ませて予防します。
詰まってものを移動させたり削除する治療がおこなわれます。


腎炎

【腎炎の原因】
さまざまな理由で、腎臓そのものが炎症をきたす疾患です。
経過時期により、慢性と急性に分けられ、部位によって腎盂腎炎(じんうじんえん)
間質性腎炎、糸球体腎炎と分類されます。

【腎炎の治療法】
治療では長期にわたって抗生物質を投与します。
膀胱炎から引き続いて起こる病気なので、膀胱炎を発見したら、ただちに病気を治すことです。

関連記事

  1. Angry-Cat-Fight

    猫の病気|皮ふ糸状菌症と潰瘍蜂窩織炎

  2. Down

    猫の病気|健康管理のチェックポイント!

  3. cat-fish-

    猫の病気|チアミン欠乏症と中心性網膜萎縮

  4. cat01829

    赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長

  5. black-and-white-cat-with-blue-eyes_2

    猫の病気|緑内障と白内障

  6. cat6

    猫の病気|カリシウイルス感染症

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る