menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|肥満とイエローファット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cat14

肥満が病気の引き金に

肥満

【肥満の症状】
年齢における標準体重の15%増以上の体重が目安となり、標準体重がわからないと正確には判定できません。骨格が小型の日本猫で5kgを超えると肥満といえます。
肥満は見た目でも判断できます。短毛種で肋骨がはっきりみえる、あるいは手で触って肋骨にゴツゴツ触れることができれば、標準体重より少ないと判断します。
その他の肥満の状態として、腹部が垂れている、あるいは両側に膨らんでいる、顔が大きい、横に広い、お尻が大きい、歩く時にお腹が左右に揺れる、動きが鈍い、呼吸が苦しそうなど上げられます。
心臓に負担がかかり体内に余分な水分がたまるようになります。
また、体の酸素要求が高まり運動したあと、息切れがします。さらに関節への負担も多くなりグルーミングもきちんと出来なくなるため皮膚病にもかかりいやすくなります。
糖尿病の原因にもなりかねず肥満は健康の大敵ということです。

【肥満の原因】
猫は元々太りにくい体質です。
第一の原因はカロリーオーバーです。これは食事の内容や消費エネルギー量の低下が原因です。脂肪の多い食事と運動不足は禁物。また雄猫は去勢するとホルモンバランスが変わったり、雌を求めて歩き回ることもなくなるため、運動不足で肥満になりやすくなります。肥満の原因が病気であることには少なく、むしろ肥満が病気の引き金になりかねません。

【肥満の治療法】
肥満の猫は獣医師の診察を受け、心臓病や糖尿病がないかチェックしてもらいましょう。
減量が必要であれば、専用の減量プログラムを作成してもらい療法食について指導を受けるようにしましょう。
重要な事は急激に体重を減らさないよう注意することです。


イエローファット

【イエローファットの原因】
別名黄色脂肪症と呼ばれます。
原因はビタミンEが足りず、脂肪酸が酸化されるときにビタミンEが破壊され、結果的に欠乏症を起こすものです。そしてビタミンEが不足すると、黄色の色素が脂肪組織に沈着して激しい炎症を起こします。
症状としては最初は毛が油っぽくなるのにツヤがなくなり、フケも出るようになります。
脂肪組織で炎症が起こると、脂肪組織の塊があちこちにできて痛み始めます。

【イエローファットの治療法】
ビタミンEを補給し、普段から栄養バランスのいい食事を与えれば、予防できる病気だということも忘れないで下さい。

関連記事

  1. cat27

    猫の病気|乳腺がんと扁平上皮がん

  2. Down

    猫の病気|健康管理のチェックポイント!

  3. cat01829

    赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長

  4. cat13

    猫の病気|猫鉤中とコクシジウム

  5. cat18

    猫の病気|創傷による神経系疾患

  6. Angry-Cat

    猫の病気|猫ひっかき病

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る