menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|ぜんそくと細菌性肺炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cat9

アレルギー性の気管支炎

ぜんそく

【ぜんそくの症状と原因】
他の動物に比べてかかりやすく、慢性のアレルギー性気管支炎の結果、気管支が収縮したり狭くなったりして、呼吸困難になり、慢性的に咳をするようになります。
アレルギー物質や煙、ほこり、刺激性の強い消毒剤などで発生しやすいため発作は突然におこります。

【ぜんそくの治療法】
気管支を広げる薬によって楽になりますが、完全な治療法ではないため、原因となる病気を探し、アレルギー状態を改善するために時間はかかります。


ボルデテーラとバスツレラ菌が主な原因

細菌性肺炎

【細菌性肺炎の症状と原因】
猫ウイルス性鼻気管炎やカリシウイルス感染症が合併して、まれに細菌性肺炎が起こることがあります。
ボルデテーラという細菌が原因の1つどと考えられていますが、この最近だけが病気を引き起こすのではなく、口腔内のバスツレラ菌を肺へ飲み込んでも肺炎になります。
また、猫免疫不全ウイルス感染症で免疫が低下したときも感染症で、免疫が低下したときも激しい細菌性肺炎がみられます。
吐いたものを飲み込んだ場合は、誤えん性肺炎という細菌感染がおこります。
どちらも急に元気がなくなり、発熱や呼吸困難などのしょうじょうが出ます。

【細菌性肺炎の治療法】
呼吸困難になってからでは、抗生物質療法をしても命は救えません。
早期発見し治療をすることが大切です。

関連記事

  1. shampoo2

    猫の病気|猫かいせんと耳かいせん

  2. cat01829

    赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長

  3. cat19

    猫の病気|角膜炎と結膜炎

  4. 腹膜炎

    猫の病気|猫伝染性腹膜炎

  5. sick3

    猫の病気|ヘモバルトネラ症

  6. acne

    猫の病気|好酸球性肉芽腫群とアクネ

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る