menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

猫の病気|リンパ腫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cat5

1年以内に再発する

白血病よりも厄介

【リンパ腫の症状と原因】
リンパ節などさまざまな器官で、リンパ球ががん化し腫瘍ができる病気がリンパ腫、またはリンパ肉腫です。
腫瘍ができる場所はいろいろありますが、猫の場合は、心臓前方部分にできる物が多く、これを胸腺型と呼びます。
胸腺型は若く猫白血病ウイルスはに感染した猫に多く発症します。この症状は胸に水が貯まるのが特徴的です。
腸にできるものを消化器型と呼びますが、5〜6歳以降で、猫白血病ウイルスに感染していない猫も多く見られます。
股間膜リンパ節、脾臓、肝臓、腎臓、目や脳、脊髄などの神経系や皮ふにもまれに発生することもあります。
骨髄でリンパ球ががん化するものをリンパ性白血病といいますが、貧血や正常な白血球の減少などを伴いリンパ腫より更に厄介です。

【リンパ腫の治療法】
抗がん剤による化学療法がおこなわれます。胸腺型は治療の効果が出やすく、長期にわたって軽減した状態を維持できるものもあります。しかし、完全に悪い細胞が消えたわけではなく、潜伏し再び出てくる可能性はあります。
猫白血病ウイルスが関与している場合は余計に厄介で、この病気は悪性で死亡率が高く早期の治療なら効果もでますが、発見が遅れると発病後1年以内に再発しほとんどが死亡してしまいます。

関連記事

  1. eat

    猫の病気|脂肪肝

  2. neko

    猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?

  3. Cat_Pictures

    猫の病気|カンピロバクターとサルモネラ症

  4. acne

    猫の病気|好酸球性肉芽腫群とアクネ

  5. cat3

    猫の病気|白血病

  6. cat-obesity

    猫の病気|甲状腺機能亢進症と副腎皮ふ機能亢進症

おすすめ記事

  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩んでいませんか?

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る