menu
閉じる
  1. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
閉じる
閉じる
  1. ワクチンで防ぐことのできる猫の伝染病は?
  2. 猫を飼う前に最低限揃えておきたい猫グッズまとめ
  3. 猫の神経系の病気「創傷による神経系疾患」「感染症による神経異常」
  4. ホントにネコはクールなの?猫の習慣を理解してあげれば快適に暮らせる
  5. 猫の泌尿器系(尿石症・慢性腎不全・急性腎不全・尿道閉塞・腎炎)の病気と…
  6. 猫の病気|ワクチンで防ぐことのできる伝染病は?
  7. 赤ちゃん猫は1年でおとなに急成長
  8. 猫のフィラリヤやノミ・ダニ駆除、内服薬などの治療薬や予防薬が高くて悩ん…
  9. 猫のしつけ|ブラッシングの極意3
  10. 猫のきもち|Let’s Pray!1
閉じる

猫のきもち

カテゴリー:猫の種類

《特徴》ピーターボールドの特徴は被毛です。被毛の生え方によって「ボールド」と「ヘアリー」に2分され、ボールドはさらに「ウルトラボールド」、「フロックシャモア」、「ベロア」の3種、そしてヘアリーは「ブラッシュ」と「ストレート」の2種に細分…

《特徴》バンビーノの特徴は、ミディアムサイズの体、やや丸みを帯びた頭の骨、平らに近い額と突き出た頬骨、明瞭な上顎にあるぎざぎざなどです。また目は大きくてレモン形、耳は非常に大きくてピンと立ち、マンチカン譲りの短い足と、スフィンクス譲りの…

《特徴》バーレイニディルムンキャットは苛酷な環境に体を合わせて生き抜いてきました。熱を溜め込まない短い被毛はペルシャじゅうたんのような滑らかさで、体はオリエンタルタイプのスレンダーボディ。くさび形の頭、目はやや外斜視気味で、色はグリーン…

《特徴》ネベロングの被毛はダブルコートで、きめ細かくシルクのような手触りです。長さはミディアムでしっぽにいくにつれて長くなり、被毛が完成するには2年を要するとも言われています。特にオス猫は首周りに飾り毛を持ち、耳の後ろと指の間には房毛が…

《特徴》ナポレオンは、スフィンクスとは違い鼻はつぶれておらず、丸い顔についたやや離れ気味の大きな目はブルーかグリーンです。被毛は短毛と長毛がおり、色はスモーク、グレイ、ブラック、フォーン、ブラウンなど。一つの毛包から6本もの毛が生えてい…

《特徴》ドンスコイの特徴は、無毛ですが、同じく無毛種として知られるスフィンクスが劣性遺伝であるのに対し、ドンスコイは優性遺伝によるものです。被毛のタイプはラバーボールド、フロックド、ベロア、ブラッシュの4種で、ブラッシュ以外は無毛で…

《特徴》ドラゴンリーの特徴は、アーモンド型で黄色、茶色、グリーンの目、先端が丸くなってちょこんと毛の生えた大きな耳、黒い輪状模様、もしくは先っぽに黒い毛が生えたしっぽ、ヤマネコを彷彿とさせる顔つきなどです。体はミディアムですが、体が…

《特徴》ドウェルフの特徴は、三種類の元猫から引き継いだ短足、無毛、カール耳です。短い足のうち前足はやや弓なりになっており、後足は前足よりやや長くなっています。耳は大きく、先っぽが軽く後方にカールしています。被毛は完全に無毛のものから…

《特徴》トイボブの最大の特徴は小さな体です。体を小型化する遺伝子は未知の劣性遺伝子で、成猫でも1~2.3キロ程度と小さく、生後3~4ヶ月の子猫サイズのままです。最小の猫とされているシンガプーラよりも小さい体型になります。またもう一つ…

《特徴》トイガーの被毛は、地色が明るいパンプキンで、マーキングは黒ければ黒いほどよいとされます。パターンはマックレルタビー(体側に緩やかにカーブした垂直方向のストライプをもち、脇腹から腹部にかけては斑点になってもよい)で、足、しっぽ、首…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. a1640_000112
    猫を飼っている方に共通して言える悩みとは、しつけ以外に病気や、予防薬に高額なお金がかかるという悩みで…

猫の医薬品最安値情報サイト

猫の薬代でお困りの方はチェック! ペット医薬品の通販情報
ページ上部へ戻る